Vivo ac Libere

国際遠距離恋愛のために海外移住を目指すブログ

飄々と駆けるストリートスマートの流儀

f:id:kokagemaru:20160119005222j:plain

世の中では、合理的な目標を定め、それに向かって努力すれば必ず目標を達成できるという信仰がありますが、現実はそんなに甘くないですよね。目標に向かって一直線に行動できる、努力が努力として認められる、これらは全て、恵まれた環境にいる人間の特権です。僕が特別な苦労をしていると主張する気はさらさらありませんが、大抵は「こんな自分が」って風に考えたり、周囲のバッシングに遭ったりして、誰かの無言の応援すら受けるチャンスを逃してしまうわけです。

そもそも僕が努力家だと思われている可能性は低いですが(あまり人目を気にしていないので)、もし頑張っても努力と見なされなず不満をもっている人がいたら、それに対応した方法をとることを提案します。具体的には、世の中のタダで学べる事を勉強しまくる事です。それが楽器の演奏の仕方でも、筋トレの仕方でもかまいません。楽しいことのほうが効率がいいので、なるべく世の中の人が興味を持たない、自分にとってだけ楽しそうな事を見つけるのがいいと思います。大した金にはなりませんが、どっちみち、世の中のほとんどの仕事は無料になる方向に行くので、タダで学べることを学び、金の要る事をタダにする手段を身に着けるのが合理的だと思います。この先どんどん、金を持っても揉め事以外に使い道がなくなっていくと思うので、揉めない、あるいはつまらない競争をしない人はそれだけで生存に有利です。

そうやって成功した人は「あいつは遊んでたクセに成功した、けしからん!」と後ろ指をさされるようになります。軽くいなして、足元を掬われないようにだけ注意しましょう。一回やり方を覚えてしまえば、コケてもすぐ立ち上がる術が身につくはずです。これからの時代はきっと、真面目な努力家よりもタフな楽天家のほうが生存率が高いと思います。肩書も一応、申し訳程度には持っておくと得ですね(笑)。

それではまた!