Vivo ac Libere

国際遠距離恋愛のために海外移住を目指すブログ

長期計画に悪影響を与える要因4つ

f:id:kokagemaru:20160205013144j:plain

長期計画の破綻の原因となりやすいものをメモとしてまとめました。タスクの細分化等の基本はクリアしてても、いくらでも障害は現れるので、今後スタックした時はこれを自分で見返してチェックしていこうと思います。

1.情報不足

これは最大の要因で、情報をどのように集めればいいかわからない時によく生じます。僕の場合は幸い身近でいつも助けてくれる人がいたので助かりました。彼女のアドバイスは「わからなかったら、誰か詳しい人に聞いたらいいじゃない」です。ごもっとも。ある程度図太さが必要なので僕にはハードルが高かったですが(笑)。

2.情報過多

これはひとえに考えすぎの副作用ですね。条件付きで可能になる選択肢は除外して、今行動可能で大事なことに集中したほうがいいみたいです。大体の場合、その条件のクリアが難しいことが原因で当初の選択肢から除外されているからです。こういうのはAIの得意分野なんだから助けて欲しいですね。そこそこ強い将棋AIとかを改造してSiriにくっつけたら相談役になってくれそうなのに。

3.主体性の喪失

情報に「呑まれる」状態です。リソースに対してイメージの比率が高すぎると、いくら行動しても自分が止まってるように感じます。その結果、もっと賢明な選択肢がどこかにあるような錯覚を起こしがちです。当然ながら散々考えた後で選択肢が増えるのは、リスクを取ってうまくいった場合か、よほどの強運に恵まれた場合のみなので、これに陥るぐらいなら星占いでもしたほうがマシです。

4.能力不足

能力が無いのは知ってるけれど、どうしてもやりたい事があるなら仕方ないですよね。道具を軸に自分の能力を引き出すのは得意なので、これからもどんどん面白そうな本を読んでいきたいと思います。これをやっとかないと長期的には手詰まりになるんですよね。

感想

10年計画、意外と大変です。能力不足のせいで運の影響が大きくなるから、計画そのものには意味が無いかもしれませんが、計画を立てなきゃ計画を遂行する能力もつかないです。本当にやりたい事はいつも完遂してきたのでまぁ大丈夫でしょう。

それではまた。